2017年6月14日水曜日

三郷へ初出張♪

 関口和美先生に連れられて私、初の出張をしてきました。
バーテンとして色々な所へお邪魔した事は有りますが今回は和美先生の助手!?
「私でいいのか?」と自問自答しながら私らしく「やってみなきゃわからない!」
って事で行ってきました。行き帰りの運転、前日からの仕入れ、酵素液の準備等
やり始めると結構仕事がある。これ、和美先生一人では相当ヘビーよ。あっちこっちで忘れ物しそう・・・。
 この奇蹟の酵素液を広める為にインストラクターを養成するらしいですぞ!私も入らねば!!でものこ調理室、使うの便利~ 酵素教室開くには調理実習室に限るわ! 



参加した方々とのツーショット!
 後ろで手を挙げてる人がいる~!

お帰りの際には、股関節の痛み取れたようで良かったですね~♪
また次回、お会いしましょう。

「FBで健さんとはお友達に!」
「失礼しました~あ、わかった~!」
てな感じでしたね。今後もよろしくです♪


この「奇蹟の酵素」教室の素晴らしい所は、
「奇蹟の酵素」の効能は勿論なのだがそれよりも、
来た時の皆さんとお帰りになる時の皆さんの表情の違い。

いらした時にはあっちがいたいこっちがいたいと皆さんぼやいてましたが
お帰りの際にはみなさん、写真をご覧いただいても分かるように結構いい笑顔
になられているって事。


さて次は当店で大樽仕込みまする♪
6月16日(金)午前10時から
場所は、Barkenです。

まだ人が足りません。
お手伝い宜しく~

2017年6月9日金曜日

「奇蹟の酵素~梅~」

 絞る場所も変えたのでちょっと手間取ったのですが、いやいや時間がかかりましたわ~
先ずは樽の中で抽出された水分を取り出す。のですがこれが、最初と最後では大分色合いも味も違う。って事は、一度全部まとめて混ぜてから小分けにすべき(やりました)。
そして取れるのが、この下の写真の様な色鮮やかなピンクオレンジ色♪女性にとっては思わず飲んでみたくなるような魅惑の色かと!

 ジュースを抜いた後の実をスロージューサーで搾るのよ(写真下)
そうすると、搾りかすとジュースに分離される。またこの搾りかすの健康作用も充分に高い。冷凍してそのまま食べられるし若しくは、肉や魚を漬け込んでも良さそうですね♪

2017年6月7日水曜日

奇蹟の酵素~梅~

 いやいやまたまた楽しかったなぁ~♪
でもこの梅の奇跡の酵素、種を出すのが一苦労ですぞ!

  洗浄していると、農薬や添加物が外れると掌の感覚で分かるようになってきた♪
 今回は男手、若大将のお手伝いで相当楽をさせて頂いた。ありがたい。


  仕事が終わって、やっとランチタイム♪豚肩ロースを前夜から酵素液に漬け込んで焼いてみた。多分、軟かさ的には普段の方が柔らかいと思うのだが、味が!タレも旨いぞ♪
梅の種だけを集めて塩漬け♪さてこれはいつできるのだろう!?

さて次回の当店での仕込みは、16日を予定してます♪
また梅でいきまっせ~♪
参加者、大々的に募集中~!





2017年6月2日金曜日

次回、参加者募集中♪

「奇蹟の酵素」造り、お蔭様で大好評のようです。出来上がりの奇蹟の酵素のお味も抜群な仕上がりで!一番思う事は、今まで作って来て一度たりとも同じ味には出来てないって事。材料の種類と量が全く同じでも、出来上がりは相当違うのだ。
酵素液を仕込むときも勿論面白いのだが、その醗酵の状況から出来上がりの違いが何しろ面白いのだ。



6月「奇蹟の酵素」仕込み開催日
6月 6日(火) 10時~
6月16日(金)10時~
6月24日(土)10時~
いづれも佐野Diningbarkenにて行います。
参加者募集中でぇ~す♪
ご持参頂く物 包丁、まな板、エプロン。
会費はかかりません。

2017年5月29日月曜日

奇蹟の酵素~お笑い酵素道場~

衝撃的な写真からで失礼。
4樽分も強アルカリ水溶液で洗うと、流石に真っ黒。
そして作業終了後、シンクから水を抜こうとしたらこの有様(@_@)
↓最初は全体的に真っ黒なんだけど時間が経つと↑こうなる!


 今日の洗い場も楽しそうだったな~♪
「おい江田君、俺以外初めて会う人だけどどう?」
「健さん、すっげ~違和感ないんですよ~♡」
それでイイんだと思う。
みんなの気持ちで場が和み、心と身体が緩んでくる。
素敵な空間にありがと~♪

老若男女、噂を聞きつけ駆けつけてくれる方も。
全部の作業、出来なくてもいいんです。どこか、なにか手伝えれば♪
ご参加ください。楽しいですよ~♪
さて来月の予定は、
6月6日(火)、16日(金)、24日(土)
場所  Diningbarken
時間 午前10時(予定)
を予定しています。是非是非ご参加ください。
参加費用は無料です。

2017年5月26日金曜日

辿り着いたのが・・・

 アロマから始まり、水素風呂、高濃度水素、プラセンタ、そして今回の「奇蹟の酵素」
水素を追いかけて来たら、ここに辿り着いた。

 さて昨日の夜もちょっと安心して寝れない様な、そんな状況だったのだ。

問題は、温度が上がらないって事。で、最初の時と同じように湯せんしてみた。
曖昧に何十度で何時間、とか言われてもそれさえもなかなか実行できないのが現実。なのでせめて自分にできる精一杯がこの湯せん。外側が28℃って事は、真ん中の方はせいぜい25,6度だろうと想像している。だいたい3時間ごとにお湯の入れ替え。じゃないと温度が下がっちゃうから。この温度を何時間保てばいいのだろう?寝れんぞっ!って事で本日は寝不足也。

 湯煎に関しては先日、日本酒の蔵人が遊びに来た時に、色々と聞きたい事をぶつけてみた。
「何度で何時間保つの?」「その後の処理は?」「温度が予定通り上がらない時は?」
全て聞けたので結構スッキリとしたし蔵人の大変な所も実感している今日この頃なのだ。

 さて今度の日曜、4樽仕込むとか・・・。
人数は足りるのか?材料は大丈夫なのか?3樽まではやった事があるが初の4樽、ちょっと不安なのである。お暇な方~是非是非手伝いに来ておくれよ~!!

2017年5月24日水曜日

タイトなスケジュール?!

 和美先生の指導の下、毎回仕込んでいる。
その和美先生のスケジュールがとっとと埋まって来ていて大変な事に!!
来月はとりあえず3回の仕込み確定日を確保できた。が、果たしてそれで足りるのだろうか?
 お蔭様で、自分で造る(初級編)のもこちらで仕込むのも忙しさを増してきた。あっと言う間に広まっていく様子がうかがえる。一度やるとまたやりたくなる♪そんな作業なのだ。
 特に、一つの樽に3人の方々が係ると言うおもしろもの♪
三層構造で、一番下は天然な方、二番目は病んでる方、一番上は癒しの方がそれぞれの桶でしっかりと愛情を込めるとその三人の愛情のハーモニーが産まれるのだ。
この組み合わせも、和美先生の指導を仰いでいる♪